電子レンジで家事を楽にしよう

>

レンジは温めるだけではない

レンジ調理で焼く

あっためるだけがレンジの機能ではありません。
家事の時短に使えるレンジの使い方の一つに焼くということがあげられます。
レンチン機能だけでは本来焼き色を付けることはできませんが、レンジ用のマイクロ波で発熱するプレートが販売されており、それを使うと焼き色を付けることができます。
レンジ用補助グッズは色々でているので確認してみましょう。
他に火の通りにくいものをあらかじめレンジで加熱して、調理時間を減らすという使い方も一般的です。

また、からあげもレンジで作ることができます。
ツケダレをもみ込んだ鶏肉を粉をまぶして、レンジに並べてチンするだけでヘルシーなからあげの完成です。
カリっと感は減りますが十分美味しいものになります。

レンジ調理で煮たり茹でたり蒸したり

根菜など、火が通るのに時間がかかるものを茹でるのにレンジが時短に役立ちます。
野菜はよく水洗いしてラップにくるんでチンします。加熱時間は野菜の種類や大きさによるので調節してみてください。水で茹でるよりも栄養が出ていきづらいというメリットもあります。
こうした、調理の下ごしらえに大活躍するのが電子レンジです。

基本的に料理の下ごしらえに活躍するのですが、色々な料理自体もレンジひとつで完成までできてしまいます。
茹で卵、パスタなどもレンジひとつでできます。
その際、耐熱容器が必要ですので、必ず用意しておきましょう。
今は100均でもさまざまな電子レンジ料理のグッズが売っています。
目的に合わせてそろえておくとよいでしょう。
シリコンスチーマーを用意すると、蒸し物もレンジでできます。茶碗蒸しをレンジ調理で行うこともできますね。


この記事をシェアする